地蔵峠・西野峠の視察

28日(日)の午前中、私がメンバーの1人となっている開田高原地域協議会の産業建設委員会という会で、
メンバーのおじ様方と地蔵峠、西野峠を歩きました。




この日は『縁結びの木』の視察&この木のPR方法について話ながら歩きました。

         ↓中央の木が『縁結びの木』

かえでの木とたらの木の結合した類のない木で、末川村の小作の息子と地主の娘が悲恋の末、吹雪の中、駆け落ちし、この地で倒れ、それがこの木になったとの話から「縁結びの木」と名付けられ、相愛の若い男女がしめ縄を結び、一緒になれる様に祈ると結ばれるという言い伝えのある珍しい木です。 木曽町(案内看板より)

たらの木とはタラの芽ではなく『ハリギリ』という木のことだそうですが、
現地で見た私にはどうしても2本のかえでの木に見えてしまい・・・

現在観光案内所&役場に問合せ中です!!
回答が出ましたら、またアップさせていただきますね(*^_^*)

『縁結びの木』の昔話はこちら→http://www.kaidakogen.jp/guide/guide14/guide1402.html




後半は、西野峠を歩きました!!
 木漏れ日がきれい〜♪


手書きの標識もなかなかステキ♪



西野峠の入り口近くに設置された、クナイプ用の水場。1本の木をくり貫き作られたもの。
実際作ってくれた方が一緒に歩いたので、いろんな苦労話も(^-^;)


腕を冷やしたり、足を冷やしたり・・・
代謝アップします!!


木曽名物ほうば巻きの朴の木の葉もいっぱいありました!!
葉っぱが食べ物に見えてしまう、食いしん坊の私でした(^_^;)


山の中の水の音は格別!!!
癒し効果たっぷりのBGMです。


何十年ぶりに登るわ!というおじ様方。

昔ばなしを聞きながら、ゆっくり登り、展望台へ!

途中、やまゆりも咲いていて、緑の中に凛と咲く花が、なんとも感動的でした!!


最後の急階段を登りきると最高の景色!!

↓曇りだったので、御嶽山は見えなかったものの、越・下野原集落がよく見えて最高の眺め(*≧∀≦*)


↓は西野下向地区。晴れていれば乗鞍岳が見えます!!


駒ヶ岳側の木がうっそうとしているので、今年度間伐するとのこと。

建設業のおじ様たちが、
『この鳥居も限界だぞ・・・』と。  ↓


新しく作り直すとして、ここまで木を上げてくるのは・・・そりゃ大変よね・・・。

間伐の木を使うにしても、製材するのに、電源ないから手作業??((((・・;)
容易ではないですな・・・


でも、こうやって皆で現地調査をできたことが収穫!

西野に出現!! 間伐したら出来上がった白樺林。ここも散策できるようになるといいなぁ〜

今あるものを壊さず、更に歩き安く、魅力ある道になるようにするための1歩のような気がします!

現状把握大事ですね!!

皆さんも、木曽馬の里だけではなく、ゆったりと開田高原を散策してみてください!!

ウォーキングイベントも毎月開催しておりますのでぜひ! 1名様でも参加可能です!
お待ちしております♪
 
コメント